vio脱毛の施術を受ける時には、必ずアンダーヘアを全部剃っておかなくてはなりません。このあたりの説明は、事前カウンセリングできちんとなされるはずです。これを怠ると、あるいは剃り方が不十分だと、施術をけることができません。

どうしてでしょうか。正確にいえば例外はあります。

例えばブラジリアンワックスを専門とする脱毛サロンなどではこうした準備は不要です。なにしろブラジリアンワックスの場合は、ワックスをヘアに塗布してそれを引き剥がすという方法で行なわれているのですから。一方で、より今日的な意味のvio脱毛、つまりエステティックサロンで行なわれている光方式や医療系美容脱毛クリニックで行なわれているレーザー方式では、施術3日前から当日の間までに、ヘアを全部剃ることを求められます。

これは技術的な問題であり、光にせよレーザーにせよ、毛穴の黒い部分に照射して脱毛を促すという原理のため、ヘアが生えていると毛根の黒い部分に照射する効率が著しく下がってしまうからです。とはいえvラインならいざ知らず、iラインやoラインまでヘアを剃っておくというのは、なかなか難しいことではないでしょうか。

剃り残しなどがあっても気づきにくいですし、内側になると皮膚が粘膜質になるため、カミソリをあてるのは少々危険でもあります。そこでどうしても自分でうまく剃ることはできないと考える人は、vioの施術を受ける前のカウンセリングで、そのことを相談するのが良いと考えられます。予約とのタイミングが合えば、オプションでお願いできるかもしれません。

またこのメニューは決して安価ではありませんから、相談次第ではサービスでお願いできる可能性もあります。